武富士が、債権を「富士クレジット」に譲渡

2010年5月10日

武富士から富士クレジットに譲渡された債権は、富士クレジットから日本振興銀行へと譲渡担保という形でそのまま譲渡されていたことが後に判明。日本振興銀行は2日後の2010年5月27日に業務停止処分となった。
さらにこの後、富士クレジットが、武富士の顧客の一部に対して、過払い金返還請求等の一切の金銭的請求をしないことなどを条件とする「和解書」を送付し、署名を要求していたことが発覚。事実上の返還請求封殺であるという指摘がなされ、金融庁は弁護士法やサービサー法に抵触する可能性があるとして問題視した。

武富士の詳細はこちら