アイフルがグループ再編を実施

2011年7月1日

2006年1月の最高裁判決がきっかけとなった過払い利息返還請求の増大、サブプライムローン問題の影響による金融不況、2010年6月に完全施行された新しい貸金業法による総量規制等といった消費者金融業の環境の変化と、厳しい経営環境に対応すべく、アイフル消費者金融子会社(株式会社ワイド・トライト株式会社・株式会社ティーシーエム・株式会社パスキー)の譲渡や事業再生ADR手続を通じた金融支援を受けながら、事業再生計画における事業再構築の方針に基づき、グループの再編に踏み切った。

 

再編内容
・消費者金融事業は、「アイフル」ブランドとして継続。
・信販・クレジットカード事業は、「ライフ」ブランドに集約。
・事業者金融事業のシティズ・シティグリーン及び、不動産賃貸事業のマルトーは、アイフルに吸収合併。

アイフルの詳細はこちら