三菱UFJフィナンシャル・グループがアコム株式の公開買い付けを表明

2008年8月1日

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は、アコムの発行済み株式40%取得を目標に株式の公開買い付け(TOB)を表明。
1ヵ月後の2008年10月、過払い金請求などに伴う貸倒引当金の大幅積み増しによる財務基盤の悪化に歯止めをかけることを目的として、MUFGは表明の通り、株式公開買い付けを実施。後に、MUFGのアコムに対する持株比率は40%となり、MUFGはアコムを連結子会社化した。

アコムの詳細はこちら