東電福島第1原発事故

2011年3月12日

東日本大震災に伴い東京電力福島第1原発では全電源が失われて原子炉が冷却できなくなりメルトダウン(炉心溶融)が起きた。さらに水素爆発で大量の放射性セシウムが大気中に放出され、東日本の各地で検出された。