小林ら3名のノーベル物理学賞受賞が決定

2008年10月7日

2008年10月7日、小林誠(高エネルギー加速器研究機構名誉教授)、益川敏英(京都大学名誉教授)、南部陽一郎(シカゴ大学名誉教授)3名のノーベル物理学賞受賞が決定した。史上初、日本生まれの人物3人の同年受賞となった。