韓国ソウル中区の南大門で火災発生、国宝の楼閣が全焼

2008年2月10日

崇礼門(すうれいもん)は、大韓民国のソウルにある門である。一般に南大門(なんだいもん)の通称で知られる。2008年2月の放火により、花崗岩製の石造の門を除いた木造楼閣の大部分が焼失した。2010年2月10日から、2013年4月まで復元工事が行われ、同年5月4日に復元記念式典が行われた。