スマトラ島沖地震が発生

2004年12月26日

インドネシアのスマトラ島沖のM9.0の地震が発生、死者22万人、負傷者13万人。
津波による被害で日本人32人を含む約29万人が死亡した。
津波被害に対する認識が低かったことも被害の拡大につながった為、世界的にも津波被害への重要性を見直す結果となった。