武富士は消費者金融業界トップの顧客口座数100万口を達成

1989年1月1日

1989年に武富士は顧客口座数が100万口を突破したことで、消費者金融業界トップという立場を確立した。
芸能人を多用したテレビCMの大量出稿やレースへのスポンサーなど、決して良いイメージがあったわけではない「サラ金」に対するイメージ向上戦略などが業界トップに上り詰めた大きな要因である。この武富士の戦略はその後、業界での成功モデルとして多くの会社が真似るようになった。これは武富士が破綻した後も続いており、個人向け融資はテレビCMや交通広告の常連となっている。

 

1990年前後の武富士は、XYZプロデュースのサーキット(ル・マン24時間レース)でのイメージCMや、ジョー・リノイエの「Synchronized Love」の曲に合わせて、女性3人(新井由美子・三瀬真美子・他1名は姓名不明)がレオタード姿で踊るというCMで話題となった。

武富士の詳細はこちら