プロミスがアットローン株式会社を子会社化

2005年1月1日

プロミスは、三井住友フィナンシャル・グループ(SMFG)との業務提携に基づいて、アットローン株式会社の第三者割当増資を引き受け、子会社(株式所有率:51%)とした。

 

●第三者割当増資とは
特定の第三者(買い手企業)に新株を割り当ててから実施する増資のこと。
買い手企業が株式を取得するところは株式譲渡と同じだが、新株の引受は対価が売り手企業に入る。売り手企業のオーナーの手元に現金は入らず、持株比率は下がるものの、株式を持ち続けること自体は可能。
経営はそのまま継続したいが、資金調達が困難などの理由でM&Aを希望する場合は、第三者割当増資が望ましい。

プロミスの詳細はこちら