オリコが、国内第1号の資産担保証券(ABS)を発行

1996年9月1日

資産担保証券は、企業がもつ債権や不動産等の資産を企業から分離することで生じるキャッシュフローをもとに発行される証券。ABSは、アセットバックトセキュリティ(asset backed security)の略。

 

ABSの発行には、複雑な手続きを要する。
①資産の分離のため、特別目的会社(SPC)を設立する。

②資産をSPCに譲渡。

③SPCは、譲渡された資産を裏付けにして証券を発行、投資家に販売。

 

ABSは、資産と企業が分離されているため、元の企業が倒産しても、SPCがもつ資産が健全であれば、投資家は安心して証券の支払いを受けることが可能であるため、元の企業の信用力ではなく、対象資産によって投資されるものである。