旧・レイク(株式会社エルへ社名変更)の消費者金融「ほのぼのレイク」事業を新・株式会社レイク(GE傘下)が譲受

1998年11月2日

新・レイクが旧・レイクへ残債分(総計6000億円)を融資し、旧・レイクの貸出残高がある顧客は新・レイクへ借り換えさせるという方法がとられた。
この買収によって、旧・レイクを継承したエルの創業者である浜田夫妻はのれん代など巨額の創業者利益を入手し、同年の高額納税者1、2位となった。

レイクの詳細はこちら