アコムが株式会社DCキャッシュワンを吸収合併

2009年5月1日

2009年4月に一旦アコムの完全子会社となっていたDCキャッシュワンだが、2009年5月1日にアコムを存続会社として吸収合併され解散した。
それ以後、キャッシュワンはアコムの別ブランドとして運営されていたが、2011年12月10日を以って新規の契約を終了。2012年5月12日、アコムはキャッシュワンの事業をじぶん銀行(三菱東京UFJ銀行とKDDIが共同出資)に分割譲渡した

アコムの詳細はこちら