アコムが共同出資により株式会社東京三菱キャッシュワンを設立

2001年8月1日

2001年8月9日、銀行系消費者金融会社の設立を目的として、東京三菱銀行(現・株式会社三菱東京UFJ銀行)、アコム、三菱信託銀行(現・三菱UFJ信託銀行株式会社)、ディーシーカード及びジャックスが出資し、株式会社東京三菱キャッシュワン(現在のDCキャッシュワン)が設立された。
その後、2002年3月4日に営業が開始された。

 
●各社出資比率
アコム株式会社:35%
株式会社三菱東京UFJ銀行:35%
三菱UFJ信託銀行株式会社:17.5%
株式会社ディーシーカード:11%
株式会社ジャックス:1.5%

アコムの詳細はこちら