返済方法と期間を確認しよう 【キャッシング返済入門】

急に、ちょっとだけお金が必要なとき”に心強いのが、即日融資が可能な消費者金融キャッシングです。「最速審査で30分!」などとうたっている業 者も増えていますし、キャッシングを行っている多くの消費者業者では、個人で融資を受ける場合、保証人不要なケースがほとんどです。また、融資を受けると きの申し込み方法も多彩になり、書類の添付も写真のメール添付やアプリで済ませられるなど、キャッシングの利便性が向上しました。職場や家族に照会される こともほとんどありません。
このように借りるハードルが下がっているキャッシングですが、借金であることには変わりなく、借りたお金は返さなくてはいけません。今回は、返済方法の種類について紹介します。

◆返済の手段は主に5つ:無人支払機、ATM、店頭、口座振替、ネットバンキング

返済の手段は、即日融資を受けるときとそう違いはありません。

●銀行の支店やショッピングセンター店頭などにある無人支払機から返済する
●コンビニなどの提携ATMから支払う
消費者金融の店舗窓口で返済する
●口座振替で返済する
●ネットバンキングから返済する

この5つが多くの業者で取り入れられているメジャーな返済手段です。
ただ、手段によっては返済時に振込み手数料が発生することがあります。
例えば、消費者金融大手のアコムなら、銀行口座からの口座振替での引き落としや、コンビニなどの提携ATMからの返済だと手数料がかかります。

<提携ATMからの手数料>
取引金額1万円以下 108円
取引金額1万円超 216円

一方で、「Pay-easy(ペイジー)」を利用したインターネットからの手続きだけで返済ができるシステムを利用すれば、振込み手数料は無料になります。
三井住友フィナンシャルグループのSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスは、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ジャパンネット銀行、みずほ銀行、楽天銀行いずれかのネットバンキングであれば、返済時の手数料は無料です。プロミスでは、口座振替に関してもすべての金融機関で手数料が無料という特徴があります。
毎月決まった日に決まった金額の収入があるという方や、仕事をしていて日中銀行やATMに行く時間がないという方は、また、家族や近所の人に無人支払機を利用しているところを見られたくない、という方はネットバンキングや口座振替が便利です。

◆返済の期日について

決められた期日までに決められた額を返済します。例えば、プロミスの口座振替の場合は、三井住友銀行・ジャパンネット銀行なら5日、15日、25日、末日のいずれかが選べます。それ以外の金融機関だと、毎日5日と決められています。
アコムの場合、返済期日は「35日ごと」または「毎月指定期日」いずれかから選ぶことが可能です。口座振替の場合は「毎月6日」と決められています。
給料日後に支払いたい、もしくは引き落としてほしいという場合は、返済期日についても借り入れするときにチェックすべきでしょう。

◆返済計画をきちんと立てよう

融資を受けるときには、目先の手元に入ってくるお金に目が行きがちですが、借金をするからには返済しなければいけません。返済方法を考えるとともに、返済計画についてもきちんとイメージしておくべきです。
借入件数が多くなってくると、まとまったお金が入ってきたときにいっぺんに返済しようと考える方が多いですが、多くの人の人生ではそのような大金はまず やってこないということを肝に銘じましょう。コツコツと計画的に返済していくことが、完済への近道であることは疑いようがありません。

○円を金利●%で□ヵ月借りたら、毎月の返済はいくらになる?
○円を金利△%で借りて毎月□円返済するとしたら、返済期間はどれくらいかかる?
金利△%で借りて毎月□円を○か月返済するとしたら、いくらまで借りられる?

これらの問いを、具体的な数値を当てはめて考えてみましょう。
金利の計算など少々複雑になるので、各金融事業者が提供している「返済シミュレーション」を利用すると便利です。毎月の返済額、返済回数などを入力するだけで、月々の返済額や払わなくてはいけない利息の合計額などが一目でわかるようになります。

◆期日に遅れた場合……

消費者金融の返済期日に遅れると、問い合わせの電話がかかってきます。たいていの場合、「お支払い予定日が過ぎていますが、今月はいかがでしょう か?」といったふうに、柔らかなトーンで尋ねられます。また、いつ入金ができるのかというメドとその根拠を聞かれます。うっかり忘れていたならその旨を伝 えてすぐに入金すればいいですし、「●日が給料日なのでそのあと支払います」など、返済の予定が決まっていればその旨を説明します。
取り立て行為は法律で規制されているので、映画やマンガのように、いきなり強い調子で脅されるということはほとんどありません。ただ、延滞を続けていると 返済するまで督促の電話がかかってきますし、そのうち裁判所から督促状が送られてきて、それでも支払わないと信用機関の事故情報(いわゆるブラックリス ト)入りです。
即日融資で借りるハードルが下がっている最近だからこそ、返済方法はきちんと考えておきたいですね。

公開日:2016年5月12日
キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較

↑キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較↑