増額・借入限度額アップ必勝法【キャッシング限度額・増額入門】

キャッシングをしていても、その日の飲み会、結婚式、その他もろもろ、突破的に「もっと借りなければ!」という状況があると思います。

しかし当然ながら消費者金融キャッシング枠は借入限度額が設定されており、人によって10万円、人によっては50万円などなどの上限があります。でもあきらめるのはまだ早いです。

「増額」というシステムによって、キャッシング枠を増やすことが可能になるのです。

実際、消費者金融側も理由もなく制限をかけているわけではありません。顧客に貸した分の金利が消費者金融業者の売上になるわけですから、本当は、顧客からの要望があればどんどん貸したいわけです。

しかし、専門用語では「未収リスク」と呼ばれますが、「回収できなかったらそのまま損になってしまう」という危険性を考慮して上限をかけざるを得ないわけです。

つまり、「増額」を可能にする最大のポイントは、「信用される客になる」ということなのです。

最初の取引から毎月しっかりと返済期限を守って返済する。そうすることによって優良顧客という認識を消費者金融側に持ってもらうことです。

一度でも返済が滞る、もしくは遅延してしまうというようでは、増額は難しくなってくるでしょう。また、定期的に借り入れをしていることも条件の一つです。

だいたい半年程度たてば、増額のチャンスが得られるケースが多いです。

だいたい10万円単位で増えていくことが多いですが、50万円を超える場合は収入証明などの提出が必要になるケースもありますので注意しましょう。

増額で注意すべきこと

前述の通り、収入証明の提出も注意すべき点ですが、その他にもいくつか注意すべき部分があります。たとえば、他社の借入状況です。

増額の際、一般的には信用情報機関へ照会がかけられます。他社からの借入が発覚した場合、他社を含む借入の全体額が総量規制を超えてしまう、

いわゆる自転車操業(他社への返済を自社の借入で補てんしようとしている)と判断されれば、増額は極めて難しくなってくるでしょう。

もう一つ、簡単なことですが、

住所や電話番号、戸籍情報などに変化があれば金融機関に適切なタイミングで連絡しましょう。

金融機関サイドから連絡するという時に、あなたに連絡がつかないということになれば、その都度信用は失われていきます。

最後に、増額の理由も非常に大切な項目の一つです。

だいたい増額の依頼はインターネットや電話で行われるものですが、その際に、

しっかりと、なぜあなたが増額したいのか、ということを伝える

ことができれば、審査に有利になることもあります。

間違っても、ギャンブルなどのために借入をするなど資金使途が明瞭な内容を伝えないでください。その分、金融機関が負うリスクも大きくなるのです。

■テクニック①:キャンペーンを利用する

金融機関はよくキャンペーンをやります。

「キャンペーン期間中にお申込みいただければ通常〇〇%の金利が〇〇%まで下がります」、「キャンペーン期間中に審査いただければ、増額のチャンス」などなど。

こういったときは、金融機関が未収リスクを取ってまで新規顧客を取りたい、また既存顧客の稼働率を上げたいということですから、必然的に審査通過率も上がります。

■テクニック②:「家族構成」と「自宅電話の有無」

金融機関にとって、未収リスクが発生した場合にもっとも連絡が取りにくいのは、「独身」、「家族別居」の二つのタイプです。

可能であれば、「独身家族同居」のステータスを使うと、信用が上がります。金融機関は、家族と同居している確認はとりません。

また、自宅電話を書いておくと信用は高まる傾向にあります。未収が発生したとき、金融機関にとって顧客にアクセスできるツールは電話がほとんどすべてです。

携帯電話のみ、よりも、自宅電話を記載しておくことで、増額のチャンスも高まる傾向にあります。

■テクニック③:「年収」の書き方

収入証明が必要なケースは50万円以上の場合などに限られますが、年収はほとんどどこの消費者金融の書面対応にて、書かされることがあります。

この場合、当然ですが、税込計算で、サラリーマンの方は、出るか出ないかは別として、ボーナスを含めた金額を書きましょう。

6~8か月分のボーナスを含めて申請するだけで、信用・借入可能額に大きな変化があるでしょう。

■テクニック④:「無職」「転職中」の場合は、まず相談

返済リスクが最も高いのは、定職についていない状況です。借入の際、仕事をしていない状況であれば審査はまず通らないでしょう。

もし借入、増額の際に無職であれば、お借入れの金融機関へのご相談をおすすめします。

ちなみに、専業主婦の方の場合、審査対象は夫になりますので、無職とはなりません。

このように、増額をする場合にも、いろいろなコツ・裏ワザがあるのです。

現状、多くの消費者金融・金融機関での増額の審査はとてもスピーディー

で、「最速審査」をうたい、即日融資を実行できるところも多いです。

いろいろと調べてみて、自分の状況を加味した増額テクニックを実施してみてください。

公開日:2016年5月12日
キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較

↑キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較↑