KURABERU-ASP

クレジットカードの賢い使い方|クレジットカード比較もお金を借りるならくらべる君

クレジットカードくらべる君

クレジットカードの気になるポイントやキャッシング枠などを老舗比較サイトで徹底比較!お金を借りるならくらべる君

 
 
【TOP5】くらべる君おすすめクレジットカード
 
 
【キャッシング枠】付きクレジットカードランキング
 
 
【即日・短期発行】クレジットカードランキング
 
 
【ネット】でお得なクレジットカードランキング
 
 
【ポイント】がお得なクレジットカードランキング
 
 
【ETC】でお得な自動車系クレジットカードランキング
 
 
【永年無料】年会費クレジットカードランキング
 
 
【初年度】年会費無料クレジットカードランキング
 
 
【電子マネー】対応クレジットカードランキング
 
 
【ワンランク上】のクレジットカードランキング
 
 
掲載クレジットカード一覧
 

関連クレジットカード分類一覧

 
キャッシング枠永年無料即日発行クレカ
 
キャンペーン実施中
 
20代・学生向けクレジットカード
 
女性向けクレジットカード
 
ショップ系クレジットカード
 
航空・交通系クレジットカード
 
通信系クレジットカード
 
ゴールドカード
 
アメリカン・エキスプレス
 
ETC対応クレジットカード
 
iD対応クレジットカード
 
楽天Edy対応クレジットカード
 
クイックペイ対応クレジットカード
 
家族カード対応クレジットカード
 
国内旅行傷害保険付きクレジットカード
 
マイルを貯める
 
ボーナス一括払い
 
株式会社ジェーシービー
 
三菱UFJニコス株式会社
 
株式会社クレディセゾン
 
キャラクターデザイン

クレジットカードでオトクな年末年始を!

クレジットカードは還元率の高さが第1のチェックポイントですが、もうひとつ自分のライフスタイルに合ったカードを選ぶ方法もあります。
例えば、プライベートやビジネスシーンで外食の機会が多い方。こんな方は、グルメ・レストラン優待が充実したカードがおすすめです。グルメ・レストラン優待は、基本的にはゴールドカード以上のランクが対象で、通常10~20%割引のサービスが受けられます。
2014年、クレジットカード業界で話題になったのは「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」の「ゴールド・ダイニング by 招待日和」。これは国内外約200店のレストランで、所定のコースメニューを2名以上で予約すると、1名分の料金が無料になるというサービス。
また、「JCBゴールド」の「JCB ゴールドグルメ優待サービス」も見逃せません。こちらは国内約250店が対象で、10~20%割引などのサービスが充実。年末年始のおせちに飽きたら、オトクなグルメはいかがでしょう。
ゴールドではなくても、クレジットカードにはさまざまな特典がついています。普段見逃しがちな特典ですが、この機会にチェックして年末年始をオトクに過ごしましょう!

値上げラッシュのいま、クレカを見直そう!

あなたのクレカ、還元率何%?

大変です!値上げラッシュです!4月から続く値上げの波ですが、まだまだ止まる気配はありません。原因は、原材料高騰と人手不足。
まず、8月27日から低価格の象徴・あのすき家が牛丼メニューを20~40円値上げします。
さらに9月1日には、雪印メグミルク、UCC上島珈琲、マルハニチロ、日本水産がいっせいに値上げを実施。ひとつの商品で見ると数十円とたいしたことがないと思いがちですが、年間で見ると大きな金額に!
そこで、あなたが持っているクレジットカードを見直してみませんか?そのカード、還元率は何%で、1ポイントいくら換算になるのでしょう。大切なカードなのに把握していない人が意外と多いのです。
値上げラッシュを乗り切るため、お得なカードに切り替えるのもひとつの方法。なかにはポイントがつくだけでなく、利用額に応じてギフトカードをもらえるカードもあるので、上手に使うと値上げのダメージを受けずに済むかも……。
ピンチをチャンスに変えるのは成功の鉄則ですよね。

クレジットカードは海外旅行の味方!

海外では両替よりもキャッシングがおすすめ!

いよいよ夏休みシーズンが本格化!今年は昨年に比べ、海外旅行に行く人が多いようですよ。ちなみに、出国ピークが8月13日、帰国ピークは8月17日になりそうです。
海外旅行初心者が頭を悩ませるのが、現地でのお金をどうするのかということ。日本で両替して持っていったほうがいいのか、現地で両替したほうがいいのか、それともトラベラーズチェックを用意したほうがいいのか……。
いまの主流は、クレジットカードです。治安の問題もあるので、現金はできるだけ持ち歩かないのが鉄則。とはいっても、タクシーなどの交通機関やチップ、小さな買い物など、現金が必要なシーンもたくさんあるので、日本からある程度の現金を持っていくと安心ですね。もし、現地で現金が必要になったときは、クレジットカードによるキャッシングがおすすめ。というのも、キャッシングできるATMは駅、デパート、ホテルなどいたるところにあり、なにより現金を両替するよりも手数料が安く済むことが多いからです。
ただし、気をつけたいのが金利。キャッシングなので20%ほどの年利がかかってきます。帰国したらすぐに返済するようにしたいですね。

「クレカが財布!」~数字で見るクレカ市場

かつては「現金」しかなかった支払い方法。いまでは「クレジットカード」「電子マネー」「デビットカード」など選択肢がたくさんあります。「ほかの人はどうやって使い分けてるの?」という疑問に応えるデータをご紹介しましょう。

金融広報中央委員会による夫婦世帯を対象にした調査によると、支払い方法の主流は、やはり「現金」。しかし、5万円以上の買い物になると「クレジットカード」が56%、「現金」が45%と、クレジットカードで支払う人のほうが多くなります。

さらにクレジットカードは1000円以下の買い物でも、また5万円以上の買い物でも、年々使う人が増えています。クレジットカードはさまざまな特典があるため、これからも利用する人が増えていくと見られています。

いまではお財布代わりとなったクレジットカード。自分に合ったものを選びたいですね。

クレジットカードの適正保有枚数は?

ヤフーニュースでも取り上げられたのでご存じの方も多いと思いますが、クレジットカードの統計に訂正が入りました。これまで「3億枚市場」で「1人3枚保有」といわれていましたが、発行枚数は3億2352万枚から2億5979万枚となり、3億枚に届かない数値となりました。
さまざまな原因でこのような事態になりましたが、別の調査によると、それでもクレジットカードを「3枚保有」している人がいちばん多かったそうです。僅差の2位は2枚、3位は1枚という結果でした。
ちなみに、1人あたりのひと月の利用金額は約5万円。ほとんどの人がポイント獲得を意識しているため、複数のカードを持っていても利用は1枚のカードに集中する傾向にあります。
たしかに、1枚のほうが効率的にポイントが貯まるという意見が多いようですが、適正枚数は人それぞれです。収入やライフスタイル、家計の管理方法など自分に合った使い方をするのがいちばんです。
例えば家計の管理が苦手な人は、1枚は光熱費など必ず引き落とされる生活費用にし、もう1枚は洋服や遊興費などに当てるという使い分けもおすすめ。そうすれば、何にいくらお金を使ったのか把握でき、無駄遣いの予防にもなります。
自分に合ったクレジットカードとのつきあい方をマスターしたいですね。

海外でクレジットカードは大活躍!

クレジットカードがあれば両替いらず!

クレジットカードの便利さを最も実感するのは、海外に行ったときかもしれません。
まず、いちばんのメリットに、両替をしなくてすむことがあります。多額の現金を持ち歩くのも不安だし、両替するたびにかかる手数料もばかになりません。また、帰国するときに現地のお金が余った場合、日本円への両替にもまた手数料がかかるうえ、小銭は両替することさえできません。
両替による損失がないのは、クレジットカードの大きな強みといえるでしょう。

保険が付いているから安心!

多くのクレジットカードには、旅行先での病気やケガの治療費がおりる「海外旅行傷害保険」がついています。また、購入した品物が壊れたり盗まれたりしたときのための「ショッピング保険」がついているものもあります。クレジットカードがあれば、安心して旅行を楽しめるのもメリットのひとつです。
ただし、保険が付いていないカードもあるので確認しましょう。

旅先でお得なサービスを受けられる!

多くの海外で、クレジットカードを利用するとショッピングや食事がサービス価格になる店があります。また、それぞれのカード会社の現地サポートデスクでは、観光ガイドやツアーの手配、レストランの予約といったサービスを受けることができます。

クレジットカードがないと信用されない!

アメリカを筆頭とするカード社会は、クレジットカードを持っていないと信用されないことが多々あります。クレジットが「信用」を意味するとおり、いくらたくさんの現金を持っていても、クレジットカードがないと宿泊を断るホテルもあるほどです。

海外でキャッシングの裏ワザ

海外で現金が必要なときはキャッシングが大正解!

海外で大活躍するクレジットカードですが、そうは言っても屋台や小さなお店などカードが使えないシーンもあります。そんなときは仕方がないので、手数料を払って両替する? いえいえ、そんなときもクレジットカードが大活躍!
クレジットカードは、海外でもATMで現地通貨をキャッシングすることができます。
しかも、空港などの両替窓口より、現地のATM のほうがレートが有利なケースが多いのですから活用しない手はありません。

ネットでこつこつポイントを稼ぐ

インターネットを利用してポイントゲット!

インターネット上には、アンケートに答えるだけでポイントが付加されるサービスがたくさんあります。個人情報などの入力は必要ですが、ほとんどが登録無料です。こうしたサービスを利用して、こつこつアンケートに答えたり、モニターとして登録すると、1年間でかなりのポイントが貯まることがあります。
また、ネット通販会社のクレジットカードだと、サイトが展開するさまざまなイベントにエントリーするだけで、ポイントが数倍になることがあります。エントリーはクリックひとつですむケースがほとんどなので、ポイント獲得のために積極的に参加したいものです。

公共料金はクレジットカード払いが基本

支払いながらも得をしよう!

私たちが暮らしていくうえで、絶対に支払わなくてはならないものがあります。たとえば、電気や水道といった光熱費、賃貸住宅の場合は家賃、また国民年金や税金、NHKの受信料などなど……。支払いから逃れられない公共料金はクレジットカード払いにするのがおすすめ。現金で払っても付加価値は生まれませんが、カード払いだとポイントという付加価値が生まれます。つまり、得をしたことになり、言いかえれば割安になったことになります。
残念ながら、家賃はまだカード払いに対応していないケースが多いのですが、対応しているものについてはクレジットカード払いを基本にしましょう。家賃や公共料金をカード払いにするだけで、ポイントの貯まり方がまったくちがってきますよ。

少額でも迷わずクレジットカード払いで!

パンやおにぎりもカード払いでスマートに!

コンビニでパンやおにぎりを買うとき、100円程度でカード払いは迷惑なのでは?と考える人もいるようですが、それは大まちがいです。カード払いなら、コンビニの店員もお釣りを取り出す手間がいらず、数えまちがえる心配もないのです。
逆に、100円代の商品に、1万円札を出されたときほうが、お釣りをたくさん数えなくてはならないので煩わしいのではないでしょうか。
また、購入する側もお釣りでお財布がパンパンになってしまいます。
金額に関係なく買い物はカード払いにして、お財布も清算もスマートにしましょう。

クレジットカードの利用限度額は上げ下げできる?

限度額を変えたいときはサポートセンターへ

「利用額がたくさんあると、つい買い物をしてしまう……」「いつも利用額ぎりぎりまで無駄遣いしてしまう……」そんな人は、きちんとコントロールできるようになるまで、利用限度額を下げてみてはいかがでしょう。
クレジットカード会社のサポートデスクに連絡をして、「利用限度額を下げたい」と伝えるだけでOKです。
また、逆に「海外旅行に行くとき、限度額が低いと心配」という人も、サポートセンターにその旨を伝えると、一時的に利用限度額を上げてもらえるケースがあります。

 
 
 

ページトップへ

クレジットカードの気になるポイントやキャッシング枠などを老舗比較サイトで徹底比較!
クレジットカードくらべる君