金利で得するには!目的別ローンのメリット

お金が必要なとき、パッと浮かぶのがキャッシング・・・という人も多いかもしれませんね。

必要なときに、必要な分だけ、近くのATMで引き出せるのは便利ですよね。

でも、もし使い道が決まっているなら、目的別ローンを選んだほうがお得なことも多いんですよ。

今回のコラムは、目的別ローンのメリットについてお届けします。

目的別ローンとカードローンのちがい

銀行や消費者金融からお金を借りる方法には、大きく分けてカードローン、フリーローン、目的別ローンがあります。

この3つのローンのちがいが、よくわからない人もいるようですね。

  • <カードローン>
    カードを作ってATMなどでお金を引き出すローン。銀行振込に対応している企業もあります。限度額内なら、返済中でも何度でもお金を借りることができます。一般的に申込から融資まで速いのが特徴。使い道は自由です。
  • <フリーローン>
    一度にまとまった金額を借りるローンです。ただし、十万円程度の少額融資に対応している企業もたくさんあります。カードローンとのちがいは、返済中に追加の借入はできないこと。カードを持ちたくない人におすすめで、使い道は自由です。
  • <目的別ローン>
    使い道が決まっているローンで、住宅ローン、マイカーローン、教育ローンなどがよく知られています。いまはさまざまな目的別ローンがあります。カードローンやフリーローンに比べて金利が低いことが多く、上手に利用するとお得になります。ただし、使い道を確認するための資金使途証明書などの提出が必要です。

目的別ローンのメリットは低金利!

目的別ローンのメリットは、金利が低めに設定されていること。

ですから、使い道が決まっているお金を借りるときは、目的別ローンを選んだほうがお得です

ただ、金利が低い分、審査が厳しめという声があるのも事実。さらに、申込から融資まで時間がかかる場合が多いので、余裕を持って申し込みましょう。

こんなにある!目的別ローンの種類

目的別ローンといえば、住宅ローン、マイカーローン教育ローンくらいしか思いつかない人もいるかもしれませんね。

ところがいま、目的別ローンは種類がとても充実しているんです。
例えば・・・

・結婚式
・葬儀
・レジャー(旅行)
・自己投資(資格取得)
・エステ
・引越
・歯科治療
・家具や家電の購入
・離婚時の慰謝料や裁判費用

ほかにも、サーファーやダイバーのためのローンや、カメラマニアのためのローンなど、ユニークな目的別ローンもあります。

使い道に合った目的別ローンを見つけるのがお得の近道ですよ!

目的別ローンのハードルは高くない!

目的別ローンというと、住宅ローンなどのイメージが強いせいか、銀行で面倒な手続きをしなくちゃならない・・・と考える人もいるようですが、いまはかなりハードルが下がっています。

あまり知られていませんが、消費者金融でも目的別ローンを扱っているところがあるんですよ

たとえば、アイフル
アイフルの目的別ローンのラインナップは、冠婚葬祭、医療、日常生活、レジャーと実に豊富なんです。

目的別ローンとカードローンの金利を比較

それではアイフルを例に、目的別ローンとカードローンの金利を比べてみましょう。
アイフルのカードローンの上限金利は18.0%です。

一方の目的別ローンは・・・

  • ・お悔やみ(葬儀、墓石や仏壇などの購入費用)
    →12.0%
  • ・メディカル(入院や通院費用、自宅療養時の生活費)
    →12.0%
  • ・家具・インテリア(家具やインテリアの購入・修理費)
    →17.0%
  • ・ライセンス(資格取得のための受験やスクールの費用)
    →17.0%
  • ・トラベル(国内・海外・新婚旅行の費用)
    →17.0%

このように、いずれの目的別ローンも、カードローンより上限金利が低く設定されています。

目的別ローンの必要書類は?

企業によって異なりますが、目的別ローンを利用するときは次のような書類が必要です。

・本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)
・収入証明書類(源泉徴収票、給与明細書など)

以上の2点はカードローンでも必要とされますね。
目的別ローンの場合、そのほかに必要なのが資金使途証明書です。

たとえば・・・

・見積書
・注文書
・請求書
・契約書

など

資金使途証明書というと難しく感じますが、もしトラベルローンを利用したいなら、旅行費用がわかる見積書などでOKなケースがほとんどです。

たったこれだけで金利が優遇されるなら、目的別ローンを利用しない手はありませんね。

目的別ローンにデメリットはある?

目的別ローンは銀行をはじめ、消費者金融でも取り扱っているところが増えています。

自分の使い道に合ったローンを見つけ、できるだけ金利が低いところを探すのがおすすめです。

ただ、気をつけたいこともあります。

<目的別ローンの注意点>

  • ・融資までに時間がかかる
  • ・資金使途証明書が必要
  • ・限度額が低めのことがある

すぐにお金が必要なときは「即日融資」を謳っているカードローンを利用し、時間に余裕があるときは目的別ローンを検討するなど、上手に使い分けをするのが賢い方法です。

参考:(閲覧日:2017年9月30日)

アイフル
https://www.aiful.co.jp/topics/?cid=PP11H010

※本コラムは筆者の独断に基づき執筆されたものです。内容を保証したり、これらの情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。

公開日:2017年10月5日
キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較

↑キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較↑