目的別キャッシング(自動車・住宅ローン)とは【キャッシングの基礎】

住宅ローンや自動車ローンとは

住宅ローンや自動車ローンは使用用途が限定されている目的別ローンです。

無担保・有担保のどちらもあり、借り入れ金額が大きく長期の場合に利用される傾向があります。

他にも主な目的別ローンとしては、入学金や授業料などを用途とする教育ローンや、結婚式や披露宴などを対象としたブライダルローンなどがあります。他にも旅行や介護、葬儀など多数の目的別ローンがあります。

使いみちが限定されたローンで住宅ローン、教育ローン、マイカーローン、トラベルローンなど、利用する際にその都度、審査を受けて、「借入契約書」を取り交わす様(証書貸付方式)になっ0770ています。

また、マイカーローンの場合では購入予定の車の見積り書、教育ローンでは合格通知書といったように、その目的に使用することを証明するための書類を提出する必要があります。

使い道が自由なフリーローンの様に、最初の審査で決めた限度額内であれば何回でも借りられる方式とは違い、目的別ローンは最初に決めた金額以上に必要になった場合は追加融資として再審査を必要とします。

代表的な目的別ローン「住宅ローンとは」

新築・増改築・リフォーム・土地のご購入など「住まい」に関するものに利用するローンです。実際には金融機関によって、様々な商品が出ています。

代表的な住宅ローンは下記となります。

0236借り換えローン:現在の住宅ローンを他のローンへ借り替えるためのローンです。
住み替えローン:今の住宅を手放し、新しい住宅への買い替えをするためのローンです。

建て替えローン:今の住宅を建て替えることを目的としたローンです。

リフォームローン:主に今の住宅の修繕などリフォーム全般を目的とするローンです。

諸費用ローン:消費税、不動産仲介手数料、保証料、火災保険料、登記料など住宅取得に伴う諸費用の支払いをするためのローン です。

この様に、目的別ローンは保険のように用途によって様々な商品が用意されており、ご自分の使用用途と金融商品を良く比較する必要があります。

固定金利と変動金利

一般的に年単位で長期化する目的別ローンの金利には、固定金利、変動金利、変動金利(上限付き)などがあります。

変動金利の場合は、予期せぬ金利上昇により毎月の返済額が増える可能性があるため、利用する際には特に注意が必要です。

目的別ローンの注意点

住宅ローンや自動車ローンなど用途が決まっているローンでも、フリーローンと同じで借金に変わりはありません。

住宅ローンでマイホームを購入したら、自動車を購入する際にマイカーローンが組めなかった何て事はよくある話です。

目的別ローンは長期化することが多い為、しっかり計画を立てて返済計画を立てるようにしましょう。

くらべる君掲載の関連ローン
 自動車ローン(カーローン)について
 教育ローンについて
 その他目的別ローンについて

 

住宅ローンをご検討ならこちらが便利
住宅ローンくらべる君
公開日:2014年4月15日
キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較

↑キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較↑