「カードローン」と「クレカ」を使い分けよう!【前編】

キャッシングのできる「カードローン」と「クレジットカード」。
この2つの違いを理解していますか?

普段、何気なく利用している人も多いようですが、それぞれに特徴があって、使い方しだいでお得にも損にもなるんですよ。

そこで、消費者金融と銀行のカードローンとクレジットカードを賢く使い分ける方法をお届けします。

カードローンもクレジットカードもお金を借りること!

カードローンとクレジットカードは、いずれもお金を貸してくれるサービスです。

「クレジットカードがお金を貸す?」と違和感を覚える人もいるかもしれませんね。

クレジットカードは、商品を買うお金を立て替えてくれるサービス。つまり、クレジットカード払いは、代金分のお金を借金するということキャッシングやカードローンと変わらないのです。

ちがいは、カードローンのキャッシングが使い道自由なのに対し、クレジットカードは「加盟店の商品の購入」に用途が限られているということ。

たまにキャッシングには抵抗があるという人がいますが、同じ借金なのに、キャッシングに抵抗があって、クレジットカードに抵抗がないというのは、ちょっと不思議な話ですね。

カードは使い分けるのが賢い方法

クレジットカードしか持っていないから、ショッピングもキャッシングも全部クレジットカード1枚で済ませてる・・・なんて人も多いようですね。

でも、それってあまりおすすめできません。というのは、気づかないうちに多くの利息を払っている可能性があるからです。

かといって、クレジットカードを使うと損をするというわけでもありません。

それぞれの特徴を知ってうまく使い分けることが、賢いマネーライフを送る秘訣なのです。

こんなときはクレジットカードの一括払い

例えば、気に入った洋服を見つけたとします。
あなたの財布にはお金があり、洋服を買ったとしても生活費に困ることはないとします。

こんなときは、クレジットカードの一括払いを選ぶのが賢い方法!

現金主義の人もいますが、ポイントが溜まるクレジットカードを使うのがいまの常識です。
ポイントを効率よく溜めるためにも、クレジットカードは1枚に絞るのがおすすめ!

ただし「クレジットカード=借金」ということを忘れちゃだめですよ。
クレジットカードは、なんでも手に入る魔法のカードではないのです。

「現金払いは損」の意外な真相?

現金払いは、お財布を管理するのにはわかりやいですよね。
ただ、お金持ちほど上手にクレジットカードを利用しているようです。

「現金払いは損」とよく言われるのは、実はクレジットカード払いの手数料が関係しているんです。

クレジットカードの手数料は、カード利用者ではなく、買い物をしたお店(加盟店)が負担してクレジットカード会社に支払います。

ということは、お店も損をしないようにその負担した手数料は、商品の代金に上乗せしていると考えられます
つまり、現金払いの人は、クレジットカード利用者の手数料も支払っているという風にも言えます。

こう考えると、やっぱり現金払いは損かも・・・と思いませんか?

クレジットカードでキャッシングするその前に

クレジットカードのリボ払いやキャッシングはハードルが低くて手軽ですよね。だから、つい習慣化してしまう人も多いようです。

クレジットカードのキャッシングはたいてい翌月の一括払い、またはリボ払いですよね。
クレジットカードのキャッシングの金利はだいたい18%

この金利をあまり気にしない人がいるようですが、これって消費者金融と比べても同等、もしくは高いんですよ

お金を借りるときに考えたいこと

カードローンでもクレジットカードでも、お金を借りるときに考えたいのは「いつ、どのように返済するのか」ということ。

大きく分けて、次の3つを挙げてみましょう。

1.数日後に返済できる
2.1ヵ月後に一括払い
3.分割で返済したい

返済の仕方によって、カードローンとクレジットカードのうち、どれを使えばお得なのかが決まってきます。

数日後に返済するときは何を選ぶべきか

例えば、1週間後が給料日で、給料が出たらすぐに返済する予定だとします。

ところが、クレジットカードのキャッシングだと、ほとんどが翌月払いになります。つまり、1週間で返せるところを1ヵ月分の利息を払わないといけないということ。

これって、かなりもったいないですよね。

仮に、金利18%で5万円キャッシングしたとします。
そうすると、約740円の利息を支払わなければならないのです。

その点、消費者金融や銀行のキャッシングの利息は日割りで、ほとんどの場合いつでも好きなときに返済できます。

<利息の差>~消費者金融と銀行の場合~

  • ●消費者金融でキャッシングした場合
    同じ18%の金利で消費者金融のキャッシングを利用したとします。
    この場合、1週間後に返済すると、利息は147円。クレジットカードより593円もお得です。
  • ●銀行でキャッシングした場合
    一般的に銀行カードローンは消費者金融より金利が低く、上限金利を15%以下に設定している場合が多いです。
    仮に15%の金利で1週間後に返済すると、利息は123円です。
    クレジットカードより617円も安く、消費者金融より24円安くなります。

また、はじめての方に向けに、30日間無利息サービスを行っている消費者金融や銀行ももありますよ!

数日後の返済ならクレジットカードよりカードローン

数日後に返済するなら、利息が日割り計算できる消費者金融か銀行のカードローンがおすすめ

消費者金融と銀行のカードローンを比較すると、銀行カードローンのほうが金利が低めですが、上記の例のとおり、数日となるとそれほど大きな差にはなりません。

それなら、消費者金融・銀行のなかから、自分のニーズ(スピード融資・低金利・企業の知名度・契約の簡易さなど)に合ったところを利用するのがポイント

※本コラムは筆者の独断に基づき執筆されたものです。内容を保証したり、これらの情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。

公開日:2017年9月7日
キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較

↑キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較↑