あなたはどれ?キャッシング利用者を5つのタイプに分類【キャッシングの基礎】

消費者金融は、どんな人がどんな目的で利用しているのでしょう?なかなかはっきりと見えてこない消費者金融の利用者と利用目的が、このたびNTTデータ経営研究所のアンケートで明らかになりました。その結果、消費者金融利用者は5つのタイプに分類されました。

いちばん多いのが・・・

1位・・・生活維持借り入れタイプ(36.5%)

いまの生活を維持するために、数社から比較的多額の借入を行っていて、きちんと返済しているタイプです。意外にも夫と子供がいる30代の女性が多く、持ち家比率が高いそうです。

2位・・・多重借り入れタイプ(21.8%)

借金返済のために5社以上からかなり高額の借入を行っています。40代の未婚男性に多く見られ、収 入は低く、ひとり暮らしの人が多いのが特徴です。無計画な借入を行うため、返済は滞りがちで、危険なタイプといえるでしょう。

3位・・・一時借り入れタイプ(19.7%)

安定した収入があるのが特徴。ショッピングやレジャーのため、1社から比較的多い金額を一時的に借りています。このタイプも30~40代の既婚女性が多く、貯蓄比率も持ち家比率も高いそうです。

4位・・・趣味・娯楽タイプ(15.8%)

自分の趣味などに使うため、複数の企業から比較的多い金額を借りていますが、きちんと返済しています。収入 が安定した40代の既婚男性が多く、共働きの妻と子供がいるケースが多いそうです。また、社会的なステータスが高く、貯蓄比率・持ち家比率も高いようです。

5位・・・少額借り入れタイプ(6.2%)

お小遣いが足りないため、1社から少額を借り、きちんと返済しているタイプです。20~30代の既婚 男性が多く、専業主婦の妻と子供がいるケースが多いのが特徴。収入は高く安定していて、貯蓄比率も持ち家比率も高いようです。

この結果を見ると、「多重借り入れタイプ」以外の人は、自分のライフスタイルに合わせて消費者金融を上手に利用しているようですね。

 

※本コラムは筆者の独断に基づき執筆されたものです。内容を保証したり、これらの情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。

公開日:2012年8月31日
キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較

↑キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較↑