【バレずに借りる】キャッシングが家族にバレる3つのシーン

男女ともに、家族に内緒、バレずにキャッシングしたい人ってけっこう多いみたいですね。

ご安心を、キャッシングカードローンは、プライバシーをしっかり守ってくれます。ですから、消費者金融や銀行の落ち度で、お金を借りているのが家族にバレてしまったという声は聞きません。では、家族に内緒で借りたつもりでも、どういうときにバレてしまうのでしょう。対処法とともにご紹介していきます。

1.申込のときにバレる

キャッシングやカードローンの申込時にバレるのには、いくつかのシチュエーションがあります。

■PCを見られる

家族に内緒で借りたいとき、WEB完結って安心ですよね。

ところが、インターネットの申込ページを開いたまま席を立ってしまった隙に、家族に見られてバレたというケースがあるようです。
申込のときにバレる

それから、自宅PCを共有しているときに気をつけたいのが、インターネットの履歴です。夫や妻の閲覧履歴をチェックする人って、意外と多いようですよ!携帯電話なんかも放りっぱなしに注意ですね!

【対処法】

●申込ページを開いたまま席を立たない、放らない

●インターネットの閲覧履歴を消去する

●個人用のアカウントをパスワード付きで作成する
対策ポイント

■目撃される

これは単純ですが、店頭窓口や自動契約機に出入りするところを見られるケースです。

特に狭い町では、いつ誰に見られているのかわからないので注意が必要です。
【対処法】

●目撃される心配のない店頭・自動契約機を選ぶ

●ねんのため隣町に行く
対策ポイント

■しどろもどろになる

いまは申込の際、自宅に電話をする企業は少なくなっています。

自宅電話NGであれば、申込書に自宅電話を書かなければいいのです。また、申込時に「自宅電話NG」であることを伝えましょう。ただし、自営業など自宅で仕事をしている場合、在籍確認として電話がかかってくる可能性もあります。

消費者金融の場合は、会社名ではなく個人名を名乗ります。銀行カードローンは、基本的に銀行名を名乗ります。ところが、家族に「誰?」「用件は?」と聞かれ、しどろもどろになってバレてしまう人もいるようです。
【対処法】

●自宅電話NGであることを申込時に伝える

●自宅が職場の人は、在籍確認の電話があるか確認する

●家族に聞かれたときの答えを準備しておく
対策ポイント

2.郵便物でバレる

家族に内緒で借りたい人は、自宅にカードや契約書などの郵便物が届かない方法を選ぶことが多いですよね。

といっても、消費者金融は差出名を変えて送ってくるので、郵便物が届いても普通はバレないんです。

アイフル → AIセンター

アコム  → ACサービスセンター

SMBCモビット → MCセンター
郵便物でバレる

このように企業名を伏せてあります。それなのに、どうしてバレてしまうのでしょう?

■家族が勝手に開封する

差出名がちがっても、勝手に開封されたらさすがにバレてしまいますよね。

【対処法】

●郵便物を送ってこない企業を選ぶ

●カードレスなら尚よし
対策ポイント

アイフルの「配達時間えらべーる」なら、時間を指定できて本人以外には受け渡されないので安心です。

■明細書を見られる

自宅に送られてきた明細書を家族に開封されてバレてしまうというケースも。

また、ATMを利用している人は、財布やポケットに入れた明細書を見られることも・・・。ごみ箱に無造作に捨てるのも危ないですよ!

【対処法】

●WEB明細がある企業を選ぶ

●ATM利用時の明細書の管理に気をつける
対策ポイント

3.返済の延滞でバレる

返済を延滞しても、すぐにバレるわけではありません。

もちろん、企業がバラすこともありません。それでは、なぜバレてしまうのかというと・・・。

■督促電話を無視してバレる

延滞したときの一般的な督促の流れは次のとおりです。

【1 本人の携帯に電話がくる(メール連絡がくることも)】

・この段階で、本人と連絡が取れれば次の段階には進みません。

・現状を説明すればいいんです。

 ↓

【2 自宅や職場に電話がくる】

・消費者金融の場合、会社名を名乗ることはありません。

・銀行カードローンは、一般的には銀行名を名乗ります。

 ↓

【3 自宅に催促状が届く】

・ほとんどの消費者金融は差出名を変えて送ってきます。
返済の延滞でバレる

貸金業法では、本人以外に借金の話をしてはいけないと決められています。そのため延滞しても、企業が家族にバラすことはありません。また、電話の名前や催促状などの差出名も変えてきます。ただ、何度も電話があったり封書が届いたりすると、家族も不審に思うでしょう。そうなると、封書を開けられちゃう可能性が大です!

【対処法】

●返済期限を守る

●延滞しそうなときはあらかじめ連絡する

●携帯にかかってきた督促電話を無視しない
対策ポイント

いかがでしたか?家族にバレる3つのシーンをご紹介しました。いずれもうっかりミスに気をつければ防げること。

油断しないで十分気をつけてくださいね!

※本コラムは筆者の独断に基づき執筆されたものです。内容を保証したり、これらの情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。

公開日:2017年6月15日
キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較

↑キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較↑