義援金詐欺にご注意

「義援金詐欺」の被害が増えています。もう一度ここで注意点などについてご紹介します。

まず、いちばん気をつけたいことが「公的な機関や団体は、電話やファックス、訪問をすることは通常あり得ない」ということです。というのも、市職員を名乗って電話をかけたり、実在する団体をかたってファックスを送信することで、お金を振り込ませようとするケースが多いからです。

もし、相手が市職員などを 名乗ったときは、市役所に直接電話をして確認しましょう。また、相手が実在する機関や団体を名乗ったときは、その機関や団体がテレビ・ラジオ・新聞などで 公表している口座番号や名義と同じか確認しましょう。そして、その団体がほんとうに信用できるのか確かめることも大切です。

このような義援金詐欺のほか、マンションの管理会社をかたり「地震に耐えられる工事が必要」と言ったり、電気やガスの点検・修理の名目で現金を要求するケースがあるそうです。

すぐに現金を渡したり、振り込みをしたりせず、少しでも不審に思ったら、警察相談専用電話(全国共通の短縮ダイヤル #9110)や最寄りの警察署などへ連絡しましょう。

 

※本コラムは筆者の独断に基づき執筆されたものです。内容を保証したり、これらの情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。

公開日:2011年5月20日
キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較

↑キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較↑