押し貸しに気をつけて!

貸金業法の改正によって企業の貸し渋りが加速し、「借りたくても借りられない人」 が増えています。どの結果どうしようもなくなり、ヤミ金から借りてしまうケースが増えていることも、あわせてご紹介してきました。
サブプライムローンの影響で株価が下落し、新たな不況の気配が色濃くなってきた今、改めてヤミ金の恐怖をしっかりと頭に入れておきましょう。

ヤミ金には、いろいろな種類があります。広告やチラシに携帯電話の番号だけ掲載する「090金融」、年金生活者をターゲットにした「年金金融」、広告やチラシを使って3万~5万円ほどの融資を勧誘する「小口金融」など、その手口は実に多様です。

今回は「押し貸し」と呼ばれるヤミ金にスポットを当てたいと思います。
押し貸しとは、多重債務者など借り手の口座に勝手にお金を振り込み、法外な金利で返済を要求するヤミ金です。ある男性は、返済のための借金を繰り返し、多重債務に陥ってしまいました。しかし、なんとか元金と利息分をすべて完済することができました。ところが、完済したわずか数時間後には、男性の口座に無断でお金が振り込まれていたそうです。男性が抗議しても「お金があれば助かるでしょ」と業者は聞き入れませんで した。せっかく完済したのに、あっというまにまた借金ができ、しかも法外な金利で返済しなければいけない状況へと戻されてしまったのです。

押し貸しは犯罪です。被害にあいそうになったら、まずは最寄りの警察に相談することをおすすめします。
そして「絶対にヤミ金から借りない!」という強い気持ちを持つことが大切です。

 

※本コラムは筆者の独断に基づき執筆されたものです。内容を保証したり、これらの情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。

公開日:2009年2月13日
キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較

↑キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較↑