フィッシングによる「貸します詐欺」増加中!

貸します詐欺が、最近増えているようです。

なかでも、被害が増加すると心配されているのが、フィッシングによる貸します詐欺です。ご存じの方も多いと思いますが、フィッシング詐欺の手口は、金融機 関やオンラインショップなどになりすましてメールを送信し、そこにリンクを貼り付けて、偽のサイトにアクセスさせます。そして、偽のサイトで、クレジット カードの番号や暗証番号、住所などを入力させ、個人情報を引き出そうとするものです。

フィッシングによる貸します詐欺のやっかいなところは、実在する銀行やキャッシング企業を名乗ることです。たとえば、メールの件名が「未承諾広告※ ▼ ○○○のご融資案内 ▼」「未承諾広告※ 【××銀行の個人向けキャッシング START】」となっていたりするわけです。そして、メールの本文ではローンの特徴や金利などを紹介し、詳しくはこち らへという流れで偽のサイトへと誘導します。
誘導した偽サイトでは、申込からカード発行までの流れが記載され、さらに申込フォームがあります。この申込フォームで、名前をはじめ、住所電話番号などの個人情報を入力させるのです。
偽サイトは、各社の公式サイトそっくりに作られていますが、URLが「.com」や「.info」などになっており、公式サイトとは異なっています。

グレーゾーン金利の廃止が決まった影響で、借りたくても借りられない人が増えています。困っていたり、急いでいたりすると、ワラにもすがる気持ちでついつい申し込んでしまうかもしれません。
騙されないためには、そのサイトが本物かどうかを確認することです。銀行やキャッシング企業が公開・通知しているURLを打ち込めば一発でわかりますね。
詐欺にあわないために、キャッシングは計画的に利用し、心にもお財布にもゆとりを持った生活を送りましょう。

 

※本コラムは筆者の独断に基づき執筆されたものです。内容を保証したり、これらの情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。

公開日:2007年11月9日
キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較

↑キャッシングもカードローンも借りるなら匿名簡易審査で比較↑